100万円のEV、インド市場向けに開発始動…エリーカの開発者ら

「100万円で買える国民的EV」実現に向け、EVのパイオニアがインドで挑戦する。


慶應大学『Eliica』(エリーカ)などのEVを開発した、e-Gle(イーグル)の代表取締役社長で慶應義塾大学名誉教授の清水浩氏が、インド市場向けEVタクシーの開発プロジェクトを明らかにした。NPO法人インドセンターファンデーションは、新たな世界発展について討議する場として、12月11~14日の4日間、インドのニューデリーで「グローバルパートナーシップサミット(GPS)2017」を開催する。開催概要についてプレス発表会が5日、東京都内で開催され、その席で清水氏が明らかにした。サミットは、世界の政策担当者やビジネスリーダー、第一線の研究者らが集結し、エネルギーやインフラ、ヘルスケアからIoT、芸術文化まで討議する国際会議だ。2011年に第1回が開催され、2017年が2回目。ここにe-Gle『SIM-WIL』(2012年)が展示され、試乗にも提供される予定だ。清水氏はEVの開発に従事し、2004年に最高速度370km/hのエリーカを発表。「よりよい地球環境を次世代に残し」、「誰もが気軽に乗れるEVの実現」のため、研究開発を続けている。清水氏は会見で「100万円で購入できる国民的EVの実現に挑戦している。日本発の技術でインドのサステイナブル社会をサポートしたい。インドでエコなEVタクシーを導入する。航続距離350~400km、6人乗りEVタクシーの開発プロジェクトを発足させた」と述べた。なぜタクシーなのか。「公共交通の発達していないインドでは、タクシーが多く利用される。街を走る車の約2割がタクシーで、タクシー車両は年間20万台規模の市場があるが、不足気味だ。現在のタクシー車両はスズキマルチ『800』が多いが、これは基本設計が日本の軽自動車だ」。清水氏が開発しているEVは、インホイールモーターとコンポーネント・ビルトイン式フレームが特徴だ。「床が低く、広く、平らで、大きな室内空間を確保できる。多くのEVは内燃機関車の改造として開発されたが、ゼロから開発すればいいものができる。社会の需要に技術が追いついた。タクシーの1日の走行距離は150kmぐらいなので、航続は充分だ」と説明する。SIM-WILをベースにした、ロンドンタクシーのようなEVになるようだ。GPS設立者でインドセンター代表のヴィバウ・カント・ウパデアーエ氏とともに昨2016年から開発を始め、3年後にインドでの生産開始をめざす。
[PR]
Commented by ぉぃぇ at 2017-10-09 12:18 x
いいところ目につけたな
日本でEV展開してもトヨタに潰されるからなwww
今回の日産の騒ぎでよくわかったよ
Commented by at 2017-10-09 12:28 x
インホイールモーターがインドの悪路に耐えられるかに注目したい
Commented by 名無し at 2017-10-09 17:07 x
車両の生産パートナーにどこの企業を選ぶかだが・・・
日本企業を選んでほしい。
強力な電気自動車メーカーがインドみたいな低賃金国で生まれたら脅威以外の何物でもない。
100万円でできるかどうかはあやしいとは思うが、100万円という値段は現行の内燃機関車すら凌ぐとんでもない価格破壊。
日本経済が破綻する。
Commented by Swift at 2017-10-09 19:16 x
清水さん、創設したシムドライブからいつのまにかいなくなり(乗っ取られた?)どうしておられるのかと心配していましたが活発に活動しておられるようで安心しました。
by ganbaremmc | 2017-10-09 11:27 | ニュース・その他 | Comments(4)
https://dekorde.com

https://granit-sunrise.com.ua

Был найден мной авторитетный портал со статьями про crystalforest.com.ua.