トヨタ プリウスの販売4割減

2017年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数で、首位はホンダの軽自動車「エヌボックス」で、前年同期比10・6%増の9万4601台だった。  軽は全面改良や一部改良した車種の売れ行きが好調で、上位10車種のうち6車種を占めた。  日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日に発表した。  2位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」で42・4%減の7万8707台、3位は日産自動車の小型車「ノート」で68・5%増の6万8441台だった。  


三菱自動車から供給を受ける日産の軽「デイズ」は、前年に三菱自の燃費データ不正問題で一時販売を停止した反動で、2・4倍の6万7262台と大幅に回復し、4位に食い込んだ。 
[PR]
Commented by 名無し at 2017-10-05 23:21 x
ノートeパワーに食われまくったなw
フリードシエンタクラスの小型ミニバンや
セレナジュークにもeパワー積んじゃえ。
Commented by 名無し at 2017-10-06 21:00 x
そのノートeパワー、実燃費もっとなんとかならんもんだろうか
Commented by 種無し at 2017-10-06 21:52 x
さっさとやっちゃえ日産
Commented by なっしんごなちぇーん at 2017-10-07 16:33 x
ノートeパワーよりも、プリウス暴走事故の影響かもですね。運転手が何百メートルもアクセルとブレーキを 間違えるとは思えませんからね
by ganbaremmc | 2017-10-05 21:56 | トヨタ | Comments(4)
https://onlyyou.od.ua

https://velotime.com.ua

У нашей фирмы важный портал , он рассказывает про соленоид постоянного тока poliv.ua