ホンダ 新型シビックタイプRの納期は来年三月?

いろいろと話題騒然の新型ホンダシビック。大きくなりすぎ、
などホンダ党からは厳しい意見も聞かれるが実際のところはどうなんでしょうか?
ホンダディーラーで聞いてみた情報をまとめてみた。
7月27日発表となったシビックではあるがすでに予約の段階で6300台ほどの予約が入っているという。実際シビックの売れゆきはどうなのだろうか?

7e5d5a13-

【ケース1】関東圏のディーラー営業S氏は語る
「セダンは引き合いがほとんどありませんが、シビックタイプRは納期がかなり延びているようです。タイプRに関しては来年3月納車の枠もあるのですが、全国的にその枠はすでに大半が埋まっています。いまから予約しても納車は来年の夏以降となりそうです。タイプRに関しては前型が抽選販売で買えなかった層がいるので、初速はありますね。弊社で一番売れています。ただ高額車で趣味性の高いクルマなので、台数自体は一定のところで止まるでしょう」。

【ケース2】首都圏のディーラー営業I氏は語る
「シビックの標準車については圧倒的に5ドアハッチバックが優位です。実用性という面でもセダンよりは高いです。MTの選択肢のある実用性の高いクルマがほしいお客様が多く存在していますからね。我々はお客様にシビックを勧める際にはまずはハッチバックから、というのが戦術になっています。ただ5ドアはイギリス生産なので納期の面であまり調整が効かないんですよね」。

【まとめ】
編集部がつかんだ複数の情報をまとめるとこんな感じになりそうだ。
・タイプR→最短で来年3月、これからの予約だと来年夏以降は確実
・セダン→あまり予約台数が多くないが生産予定台数も少ない。これからの予約では1〜2月
・ハッチバック→イギリス生産のため早くて年末。これからの予約では1月〜2月に

思った以上にシビックシリーズは売れているようだが、過去のシビックとは販売台数もケタが違うのは予想どおり。ホンダとしてはそれはフィットが担う役割との認識だろうが、ビッグネームの復活に際し販売現場からは課題点がいくつかあるとの指摘も多かった。

「シビックハッチバックにMTを導入したのはありがたいのですが、やはりお客さまが求めているのは昔のシビックのような小さなキビキビしたクルマなんです。新型シビックと従来のお客さまのシビック像はかけ離れていますから、フィットに現行RSよりカッチリしたスポーツグレードを作ってほしいです」とは前述のS氏。

「指名買いのクルマなので特に売り込むということはないんですが、人気度ではハッチバックが50%、残りをセダンとタイプRで割っている感じです。セールス面の苦労を強いて挙げるといえば、Honda SENSINGの機能で誤発進抑制と歩行者検知機能が省かれているのは残念です」とはI氏。

販売現場とホンダのシビックへ対する認識の差が出始めているようだ。せっかくのいいクルマ、メーカーと販売店とでしっかりとした意思疎通がないと日本市場では埋もれてしまうかもしれない。


[PR]
Commented by 名無し at 2017-09-03 00:27 x
「神のGTO」をターボにしたような車?

Commented by カーヅ at 2017-09-03 10:29 x
>誤発進抑制と歩行者検知機能が省かれている

NBOXで標準装備なのに、なんでこういうことするんですかね?同時期発売の新型車で、上位車種の方が機能少ないって、興ざめ。
ホンダって昔から、ラインナップのトータルバランスとか考えてない。ステップワゴンが出た時、NBOXの方が立派に見えるとか、なんのジョークかと思った。
Commented by mozu at 2017-09-03 18:49 x
今や屋台骨はNBOXなんだからそっちが優先最先端なのは当然でしょう
にしても益々ブランド料が高いメーカーになっていきますなぁ
Commented by 名無し at 2017-09-04 11:11 x
来年でも納車できるならいいよ、エクリプスに比べたらねぇ。。。
Commented by 原ちゃん at 2017-09-04 22:42 x
この車はもっとTVなどで宣伝しないともったいない
by ganbaremmc | 2017-09-02 21:49 | ホンダ | Comments(5)
https://pillsbank.net

www.medicaments-24.net

start-sport.com.ua/obuv/butsy/sorokonozhki