マツダが部品調達見直し 為替リスク減へ

マツダは為替リスクを減らすため、部品調達の方法を見直す。海外の大手メーカーから調達したり、ドル建てで買う部品を増やしたりする。2017年3月期は対ドルで1円の変動で営業利益が14億円増減したが、18年3月期は9億円にしてピーク時より7割少なくする。 ・・・・・・・・



対策として海外からドル建てで部品を購入し、日本で組み立て、そこからアメリカへ輸出するという手法。特に車体価格の高いCX-5などは効果絶大で、今後、ユーロなども同様に取り組むそうです。
スバルは相変わらずですが、
他メーカーは為替による影響を最小限にしつありますね。


[PR]
by ganbaremmc | 2017-07-22 08:43 | マツダ | Comments(0)
https://seotexts.com

В интеренете нашел авторитетный портал на тематику ka4alka.com.ua.
https://danabol-in.com