マツダ藤原常務「リーマンショックに大震災・・・赤字の垂れ流しで死ぬって言う状況でした」

7e5d5a5-


2017.6.15 プレジデントオンライン
「CX-5まで耐えろ」マツダが挑んだ離れ業

日本25%、アメリカ25%、ヨーロッパ25%、その他25%。今は中国が入ったので全部が5分の1ずつになりましたが、いずれにしても「ここ」という強いマーケットがないんです。全部大事。それを全てカバーしようとすると、デミオからCX-9までどうしても作らなくてはならない。必要なクルマは8車種ある。さあどうやって作ろうかと。その当時フォードから出向してきた経営企画責任者がまだ残っていて、当然「プラットフォーム流用でやればいい」というんですよ。・・・・・・・・・・・・・続きは下のリンクへ



[PR]
Commented by 匿名 at 2017-06-15 21:10 x
スバルみたいに北米に偏っていたら、その分リスクもあるわけで・・
『ここ』という強いマーケットがないってのも、裏を返せば極端なリスクもないってこと。
どこかのマーケットが沈んでも、他でカバーできる。
他社を真似る必要もないし、マツダは我が道を行けばいいと思います。
by ganbaremmc | 2017-06-15 20:50 | マツダ | Comments(1)
У нашей компании полезный блог со статьями про http://teplostar.kiev.ua.
https://www.best-cooler.reviews/

Был найден мной важный веб портал с информацией про Стаканомоечная машина купить apach.com.ua