マツダ関連企業 次世代エンジン搭載車に向けて投資を加速

日本経済新聞 6月8日
車部品、設備投資を加速 マツダ関連 販売好調で より

マツダへの部品供給を手掛ける中国地方の自動車部品メーカーが拠点の新増設や新しい設備導入など投資を加速する。ダイキョーニシカワは今期(2018年3月期)の設備投資額を約190億円と前期の2.6倍に増やす。本社や研究開発など分散する拠点を集約する検討に入った。


7e5d5a3-


2019年3月期にも市場投入する、次世代スカイアクティブエンジン搭載車の準備が本格的に動いたということです。 また日本での販売は低迷していますが、世界全体での販売は160万台と前期より、増加する見込みで、サプライヤーもそれに合わせた投資という事らしいです。

[PR]
by ganbaremmc | 2017-06-08 07:27 | マツダ | Comments(0)
optiontradingstrategies.net/binary-options-strategies/

http://pillsbank.net

В интеренете нашел полезный блог с информацией про www.shopvashtextil.com.ua.