マツダが他社に先駆けWLTCモード燃費を発表は話題作り

マツダが「未発売の車種の新しい計測モードに於ける燃費」を公表してきた。
もう少し具体的に書くと「ガソリンエンジンを搭載した新型CX-3のWLTCモード燃費」である。こういったプレスリリース、今まで見たこと無し。

どういった理由で公表したのか? 様々な事情を勘案してみた。
まずWLTCモード燃費だけれど、2018年10月以降に発売される新型車について義務づけられる、世界基準となる燃費モードであり、現在使われているJC08モードより若干実燃費に近づくというのが特徴だ。その前段階として、今年の夏以降は、WLTCモードの認可を受けることが可能。マツダは売れ行きが伸び悩んでしまっているCX-3にガソリンエンジン搭載車を追加するタイミングでWLTC燃費をアピールし、話題にしてもらおうという作戦なんだと思う。 マツダの関係者に聞くと、皆さん「CX-3の販売不振の要因はディーゼルエンジン車しかなく割高に感じるため」だという。かと いって普通にガソリンエンジン車を追加しても、ユーザーの多くは「地味だし燃費悪い」と感心を持ってくれない可能性大。そこでWLTCの初認定を前面に押し出せばメディアが取り上げてくれると考えたのだろう。その狙いはバッチリで、だからこそこのニュースになっている?

WLTCモード燃費で興味深いのが、『市街地・郊外・高速道路』という、三つの異なったモードの燃費を表示する点にある。JC08モードだと一つの数字しか無く、実際の使い方とかけ離れてしまう。3つのモードがあれば、自分の使い方に近い燃費をイメージ出来るから有り難い。なかでも目新しいのは市街地。

下表に挙げられた新型CX-3 (FF)のJC08モードを見ると、17km/L。こんな燃費、市街地だと絶対に出ないため、全く参考にならない。一方、WLTCの市街地モードなら12.2km/Lで、ずいぶん実燃費に近づく。郊外モードや高速道路モードも、流れに乗って走っていれば妥当だと思っていいだろう。

という観点でガソリンエンジンを搭載するCX-3の数値を見ると、なかなか優れている。これでリーズナブルな価格設定なら、CX-3のガソリンエンジン車もいいな、と考えるかもしれない。

これまでディーゼルエンジンに埋もれ、存在感薄く伸び悩んでいたマツダ車のガソリンエンジンも話題になる?

Text:


[PR]
Commented by ウチら陽気な関西人 at 2017-06-07 09:50 x
ホントは三菱以外にも他メーカーの燃費不正があったみたいだけど、それを全部あげちゃうと国交省の検査体制の無能さを露呈する羽目になるので、とりあえず某国首相の嫌いな三菱の名がつくメーカーを人柱にして新しい燃費測定基準にすり替えて誤魔化す・・・って噂。
まあ、よう知らんけど。
by ganbaremmc | 2017-06-07 08:15 | マツダ | Comments(1)
maxformer.com

Наш популярный сайт со статьями про Переводчик английского киев https://kls-agency.com.ua
У нашей организации популярный веб портал про направление http://www.babyforyou.org.