スバル吉永社長「米専用車アセントの開発は反対されていた」

東洋経済オンライン 6月1日
「売れすぎスバル」を悩ます次世代車開発競争 より


まもなく就任7年目、吉永泰之社長に直撃
 ―― 北米専用車「アセント」を新たに商品群に加える。打開策になるのか。  
開発の議論が始まった当時、出したいと賛成したのは私の知るかぎり、私と日月(たちもり)丈志さん(現・専務執行役員)の2人だけだった。 彼は「絶対に造るべき」と言っていたし、私も社長になってから米国のディーラーの話を聞く機会が増え、「なるほど3列シートSUVが必要だ」と思うようになった。  当時はまだ「スバルとは何ぞや」という議論の最中だった。 独BMWのような高級車ブランドを目指す戦略を掲げた2000年前後の名残があった。その考え方がしみ付いている人にとっては、スポーティな高級車は多人数が乗る車ではないというイメージだった。  さらに、3列シートSUVを販売するのは米国とカナダだけというのも懸念だったようだ。 1車種丸ごとをゼロから開発するのに、北米にしか市場がないのは開発リスクが大きいのではないかと。  実際のところは、北米向けに専用車を開発していると知らせるだけでも、現地ディーラーのモチベーションが上がり販売現場が活気付いた。 結果的に、北米でどんどん利益がでるようになって、アセントが出る前に開発投資を回収できるほどの効果があったのではないかと考えている。





[PR]
by ganbaremmc | 2017-06-03 08:22 | スバル | Comments(0)
У нашей фирмы полезный веб сайт , он рассказывает про раскрутка сайтов алма-ата.
Наш нужный web-сайт со статьями про торговля ценными бумагами.
www.engi.kiev.ua