マツダ CX-3のガソリン仕様は2.0L

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、『マツダ CX-3』のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車(今夏発売予定)が、「WLTCモード*1」の認可を取得したことを発表しました。

WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された国際的な試験方法です。従来のJC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した内容となっています。

今夏以降、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費値がカタログなどに表示されます。お客様は、自身の走行環境にあわせて、実態に近いモード燃費を確認することが可能です。なお、2018年10月以降に販売する新型車については、省エネ法*2に基づきWLTCモード燃費表示が義務化される予定です。

研究開発・MDI・コスト革新を統括する取締役専務執行役員の藤原 清志(ふじわら きよし)は、「マツダは、実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際に運転する状況での性能を重視して開発を行ってまいりました。地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供することを追求し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献を目指してまいります。」と述べています。



今号のベストカー「地獄耳」でも1.5だといってた
遠藤さん・・・・・・


[PR]
Commented by 名無し at 2017-06-02 22:49 x
マツダのこういうところは評価できる
逆に期限ギリギリまでWLTCを導入しないメーカーがどこか気になるね
Commented by あのに at 2017-06-03 00:16 x
マツダがWLTCの導入が早かったのは主にコスト面が大きいからだと思います。
ぶっちゃけ、国内でマツダを選ぶ層は、WLTCについて知識がある方が多いでしょうし、燃費もカタログ燃費にも知識がある(つまり、まんま出るわけでないことを知ってる)でしょう。
JC08を測定しなければ、欧州向けと日本向けのWLTCだけで済みますし。
国内ビッグスリーやダイハツのように、国内線用車種が多いメーカーほど導入は遅くなると予想します。
次に導入するのはスバル、時点でスズキ・ホンダあたりと予想します。
Commented by jomon at 2017-06-03 00:37 x
2018年10月以降の新型車に義務付けですが、マツダが公表したことで、各社とも新型車は順次公表ですかね。

軽自動車、ハイブリッド車、CVT車は大幅な数値低下が見込まれますね。

MT車には有利との噂も有りますが、今回のCX-3ガソリン車にはMTは無い様ですね。
Commented by グランドビタ~ラ at 2017-06-03 08:37 x
出すクルマが無いからしょうがないけど、三菱が先頭切ってやって欲しかったな。
Commented by 通りすがり at 2017-06-03 15:04 x
輸出せず、国内専用車は、ギリギリまで行わないでしょうね。
つまりは、軽自動車群。実際ダイハツなど、フルモデルチェンジで燃費が改善していない。実燃費でもHV並みに悪い傾向だった。こっそりこのままJC08表記で済ますつもりなんだと思われます。
by ganbaremmc | 2017-06-02 22:03 | マツダ | Comments(5)
apach.com.ua

У нашей фирмы авторитетный web-сайт с информацией про оксандролон для женщин https://biceps-ua.com/oksandrolon-anavar-oksandrin.html
Был найден мной важный портал со статьями про химчистка мягкой мебели www.cleansale.kiev.ua