「トヨタのPHEV技術を使った車両を2018年に米国で発売」━━スバル吉永社長

SUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、
トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHEV)技術を使った車両を
2018年に米国で発売することを明らかにした。


2017年5月30日に開催された「 Advertising Week Asia 2017 」のインタビューで語った。
2018年から米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制の対象車種からハイブリッド車(HEV)が外れることに対応する。 スバルは資本関係にあるトヨタからHEVやPHEV技術の供与を受けており、開発を進めている。吉永氏によると、HEVやPHEVのような新しい技術をゼロから開発することは、中堅以下の自動車メーカーにはほぼ不可能であり、大手自動車メーカーとの協力関係が欠かせないという。  「 新しい技術を教えてもらえるルートがなくなったら、中堅以下の自動車メーカーは生きていけない 」(同氏)という。 トヨタのスバルに対する出資比率は現在16.77%だが、これを変える議論は今のところないという。  トヨタにとっての競合メーカーはもはや国内自動車メーカーではなく、ジャーマン3(ドイツDaimler社、同BMW社、同Audi社)や大手IT企業、人工知能(AI)企業に変わりつつある。  このため、「 自動車メーカーが国内の同業を飲み込んだからといって勝てるという時代ではない 」(同氏)という。 トヨタはマツダやスズキと資本関係を伴わない提携をしており、「 そうした仲間づくりが今後は重要になる 」(同氏)という。
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-30 20:12 | スバル | Comments(3)

Commented by 名無し at 2017-05-30 23:18 x
PHEVと言うのは三菱が使い始めた名前。
トヨタやスバルは三菱の真似すんの?
三菱のシステムを使うの?
Commented by あのに at 2017-05-31 00:01 x
さて、マツダのアクセラHVは評判が良かったですが、スバルのトヨタから卸してもらったHVはどうなるんでしょうか。
楽しみです。
気がかりなのはスバルのAWDは構造が複雑なので、THSシステムをどのようにAWDにするのか、ですね。
Commented by 名無し at 2017-05-31 01:11 x
これ書いた記者がPHEVという単語を使っているだけに過ぎないと思うんだよなぁ
Узнайте про интересный сайт про направление купить диплом менеджера all-diplomas.com
www.velomarket.org.ua

подробнее apach.com.ua