スバル 安全性能高めた車を使った衝突実験公開



スバルは、安全性能を高めた車を使った衝突実験を報道陣に初めて公開しました。 
時速64キロで衝突した車は前方の部分は潰れましたが、フロントガラスは割れず、車内は安全が保たれていました。これはスバルが昨年度から搭載し始めた車の骨格にあたる「車台」の効果で、強さを4割増したといいます。 こちらは歩行者を守るため車の外に開くエアバッグです。日本では歩行者の死亡事故が多いため、国内メーカーとして初めて標準搭載しました。 世界の大手自動車メーカーと競う中、スバルは安全性能を強くアピールすることで差別化を図りたい考えです。
[PR]
by ganbaremmc | 2017-05-25 08:08 | スバル | Comments(0)
У нашей организации классный интернет-сайт на тематику услуги грузоперевозки Киев.
service01.com.ua/remont-stiralnyh-mashin-samsung/

olymp trade ได้-เงิน-จริง-ไหม