スバル社長「EVでもガソリン車と違う愉しみを味わえるようにしたい」

SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は21日までに、
フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、
「 環境規制への対応も含め電動化が最優先(課題)だ 」 と述べた。

7e74d5a1-


2018年に米国の環境規制が強化されるのを視野に、
プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)の開発を加速する。 
2018年3月期は試験研究費が前期比約200億円増の1340億円と過去最高を更新し、2年連続の営業減益に陥る見込み。 吉永社長は「 試験研究費を積み増しても、将来の技術開発が大事だ 」とする一方、 「 (開発の)優先順位は付ける 」とした。 最優先の電動化技術はトヨタ自動車との提携を生かし、18年にPHVを投入する計画だが、「 自社のみで開発する実力がない 」(吉永社長)。 このため21年に予定する独自開発のEV投入に向け、試験研究を強化する。 18年3月期の世界販売は、スバル車の「安心と愉(たの)しさ」が米国を中心に浸透し、110万5000台と過去最高を更新する見込み。 吉永社長はEVでも電動モーターの操作応答性の高さなどを生かし、「 ガソリン車と違う愉しみを味わえるようにしたい 」と語った。(会田聡)


既存車種でEV開発=スバルの吉永社長インタビュー 
SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は21日までにインタビューに応じ、2021年の発売を計画している電気自動車(EV)について、「既存車種にEVバージョンを追加する方が良いと思う」と述べた。EV専用車を新規開発するのではなく、既存のスポーツ用多目的車(SUV)などにEVモデルを加え、「スバルらしいエコカーを目指す」と語った。  世界的な環境規制の高まりを受け、スバルは18年にプラグインハイブリッド車(PHV)、21年にEVを発売する準備を進めている。吉永社長は「例えば(SUVの)『XV』が好きだが、EVでないと買わない人もいる」と説明。開発は初期段階のため最終決定は先になるが、既存の主力車種を全面改良するタイミングで、EVを追加するとみられる。 
[PR]
Commented by 休みだよ at 2017-05-22 18:47 x
トヨタの技術載っけた時点でスバルらしさは失われる、一般の評価はそんなものでしょう。
売れればよしってんならハイブリッド好きは多いからそれなりの実績は作ると思うけど、プリウスの方が完成度高そうだし、敢えてスバル選ばないかもね。
by ganbaremmc | 2017-05-22 08:53 | スバル | Comments(1)
Узнайте про авторитетный web-сайт , он описывает в статьях про ламинирование бровей цена https://make-up.kiev.ua
www.akkumulyatory.net/catalog/akkumulyatoryi_dlya_avtomobiley/

www.shah21.com.ua