日産 次期ジュークは2019年夏に発売

第二世代の日産ジュークは2019年夏に来る
Nissan Juke Generasi Kedua Hadir di Musim Panas 2019


複数の海外メディアが日産ジュークの次期モデルについて、
中村史郎氏から聞いた話を紹介しています。


記事を自動翻訳してみました。

第二世代の日産ジュークは2019年夏に来る
実際、2019年の夏に開催されるとの噂は遅れている。
なぜなら今年の秋は第2世代の日産ジュークの導入のための最初の計画だからだ。
第二世代の日産ジュークは、新しいエンジンとハイブリッドエンジンを使用できるようになるRenault-Nissan CMF-Bプラットフォームを使用します。
使用可能なハイブリッドエンジンの1つは、2015年に登場した日産グリッツコンセプトのバージョンです。日産グリッツコンセプト自体も既存の日産ジュークと形状が類似しているため、日産コンセプトカーの第2世代のベースとなる可能性があります。
まあ、それ以外にも、日産が発電している第2世代の日産ジュークも日産によって提示される可能性があります。このステップは、日産CCOの中村史郎氏の命令に従います。同社は、さまざまな電気自動車の存在が、メーカーが従来のエンジンに課されていた厳しい排出規制を回避する助けとなると述べました。これまでのところ、ハイブリッドエンジンとEVバージョンのほかに、第二世代の日産ジュークには自然吸気エンジン1.500ccのディーゼルエンジンやターボを使用しているような1000ccのガソリンエンジンなど、従来のエンジンが搭載されています。最も強力なものは1600ccのターボエンジンを使用し、最大出力は160PSです。
中村さんは、日産ジュークの独特の特徴、つまり、ぎこちない主流のアカンは、第二世代でも維持されると述べました。日産自動車が独特の特徴を維持している理由は、日産ジュークを路上で容易に認識できるようにするためです。デザインに関するリークのいくつかは、現在のSUVスタイルの外観ですが、ランプを高い位置に維持したまま、ホイールベースが細長くなり、インテリアが完全に見直されます。もちろん、キャビンのスペースはより広々となります。さて、来年の夏に発売を歓迎して、日産は第2世代の日産ジュークのコンセプトバージョンを紹介し、ファンに指針を与える予定です。
第二世代の日産ジューク自体は、イングランドの日産工場、より正確にはサンダーランドでの生産を開始する予定です。その後、次の国は他の国で生産されます。


ディーゼルエンジンはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方に対応しており、日産のCCO中村社長は、電気自動車のバージョンを「ほぼ必須」と見なしている。したがって、全く新しいジュークは、1.5リットルのディーゼルと小さな1.0リットルのガソリンと一緒に到着するかもしれない。 190 PS(187 hp / 140 kW)前後の1.6リットルの4人のバンガーもこのカードに乗っていると言われています。



[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-10 19:30 | 日産 | Comments(3)

スズキ アルトが12月13日改良

e0343333_20255803.jpg


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-09 20:26 | スズキ | Comments(2)

ホンダ 新型インサイト販社で撮影 ②

e0343333_19484718.jpg


e0343333_19490806.jpg



[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-09 19:49 | ホンダ | Comments(0)

国沢氏 新型ジムニーのユーロNキャップの結果で推奨出来なくなりました

今年のユーロNキャップが次々と公開になっている。
驚いたのがジムニーシェラの衝突安全性です。
何と73%という最近見たことないくらい酷い評価。動画見ても「こら厳しいでしょうね!」。オフセット衝突なんか側頭部裂傷の可能性大。自動ブレーキの評価も対人、対車両揃って52%/50%で最低評価。
私もジムニーバンザイしてきたが、
ユーロNキャップの数値見て推奨出来なくなりました。 ・・・・・・・・・

2018年9月21日の国沢光宏さんのブログより
新型ジムニーがユーロNキャップの総合レーティングで
☆を三つか取れなかったという情報が多数出回っている。
安全性にウルサイ私ながら、
今回のユーロNキャップのランク付けを見てジムニーを諦める理由にはしません。
・・・・・・・・・・




なんと2018年9月21日の国沢さんの記事が消えてたっ!!


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-09 19:39 | スズキ | Comments(7)

【追加】スズキ 新型ジムニーシエラで吹雪の中を走行したら

ちょっと気になるブログを見つけました。
新型デリカにも同じことが言えるのかな?


新型ジムニーシエラで山形県鶴岡市から湯殿山スキー場まで爆走してきました。
雨から雪に変わるというコンディションでしたが・・・・・・・・・・


e0343333_22222937.jpg



(´;ω;`) ウッ…


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-08 22:23 | スズキ | Comments(8)

三菱自開発MG「新型デリカの外観をみてナンジャコリャと言った」

新型デリカD:5の姿を見た石川真禧照
「 なんですかこのデザインは? 」
「 僕も最初は、なんじゃこれは!と言いまし た」

と製品開発本部担当MGの西岡氏

e0343333_21483403.jpg

社内でもこの外観は物議ををかもしたのだ。
発売から10年を経過したD:5を目立たせるにはこの位のインパクトは必要だったらしい。
2.2Lディーゼルターボは今回から尿素SCRを排ガス浄化に採用した。
これが大成功。アイドリング時の音が静かになった。
走り出してもガラガラ音が低く抑えられている。
振動も少ない。トルクも太くなっている。 ・・・・・・・・・・・・・


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-08 21:51 | 三菱自動車 | Comments(4)

【動画】トヨタ 新型スープラ試乗 by.河口まなぶ



トヨタ新型スープラのプロトタイプに試乗する機会を得た。
袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたプロトタイプ試乗会に、河口まなぶも参加。
そこで来年登場と言われているトヨタの新型スープラのプロトタイプを試すことができた。
BMWとの共同開発によって誕生したこのモデルは、3.0Lの直列6気筒ターボ・エンジンを搭載し、8速ATを組み合わせたFRの新世代スポーツで、ポルシェ・ケイマンSをベンチマークに設定して開発されてきたと言われている。果たして、初乗りの印象は? 
残念ながらウェット路面でのテストとなったが、河口まなぶはどんな風に感じたのか?

[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-08 21:13 | トヨタ | Comments(3)

【動画】三菱自 新型デリカD5開発者「寒冷地での信頼は譲れない」



e0343333_20565614.jpg

e0343333_20570269.jpg

e0343333_20570871.jpg


[PR]

# by ganbaremmc | 2018-12-08 20:57 | 三菱自動車 | Comments(0)

avtomaticheskij-poliv.kiev.ua/obschie/tovary.html

tsoydesign.com.ua

https://shtory.ua