カテゴリ:マツダ( 760 )




e0343333_21245578.jpg

小さな隠しマフラーでもあるのかな?


[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-16 21:25 | マツダ | Comments(1)

e0343333_20140672.jpg



[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-15 20:14 | マツダ | Comments(0)

たまに早起きはしてみるものですね。
モヤモヤ感が強かった、新型アクセラのと思われるテストカーが
スクープされました。


先日 とほぼ似ているので、セダンも予想できると思います。
現行より膨らみが感じるので、居住性も意識しているようです。









[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-14 09:16 | マツダ | Comments(9)

中国新聞の記事より




記事漏れでは
丸本社長は新たなエンジンを第三世代を意味する「G3」と呼び、
「技術研究所や先行部隊で開発している」と述べた。

【 追 加 】
丸本社長はスカイアクティブ―Xはエンジン開発の第2世代と位置付け、第3世代の次世代エンジン開発に着手したことを明らかにした。次世代エンジンの燃費性能は 「 開発担当者は『もう(これ以上)やることがない』と言うところを目指す 」 ( 丸本社長 ) という。
30年に掲げるCO2の削減目標へ、次世代エンジンを搭載した車種の投入を加速する。


読者のおくさん、記事提供ありがとうございます。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-10 20:00 | マツダ | Comments(13)

先日公開されたマツダ 新型アクセラの画像。
HBのお尻を拡大、明るくしてみると・・・・・


e0343333_19572139.jpg


[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-09 20:45 | マツダ | Comments(3)

マツダは2018年11月30日~12月9日の期間開催される
LAオートショー2018において、新型「Mazda3(日本名:アクセラ)」を世界初公開すると発表し、
ティザー画像1枚を公開した。



新型Mazda3(日本名:アクセラ)は、日本の美意識の本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用。また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」や、さまざまな走行シーンで意のままの加減速を可能にする最新の「SKYACTIVエンジン」などを搭載し、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させている。

マツダでは、この新型Mazda3(日本名:アクセラ)から新世代商品の幕を開け、新たな次元の「走る歓び」をユーザーに提供するとアナウンスしている。 


e0343333_19570926.jpg




[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-08 19:57 | マツダ | Comments(3)

マツダが2019年春以降に順次発売する次世代商品群の第2弾として、
スポーツタイプ多目的車(SUV)のCX―3を検討していることが5日、分かった。

e0343333_21405246.jpg

従来よりサイズを大きくし、
現在の最量販車であるSUVのCX―5に近い位置付けにして世界販売を伸ばす。

マツダは次世代商品群で、新しい低燃費エンジンや車両技術、デザインテーマを採用する方針。
第1弾は、来年3月までにセダン系のアクセラを投入するとみられる。
CX―3はアクセラをベースとし、開発の効率化も狙う。
発売の時期は不明だが、マツダはこれまで、モデルチェンジした主要車種をおおむね1年に1車種のペースで市場投入している。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-06 21:41 | マツダ | Comments(4)


お世話になっているディーラーに行って担当営業氏と少し話してきました。
特に「おっ!」という話はなかったです。
まず、新型アクセラについて話を向けると、・・・・・・

※リンク先安全です
僕は毎日見ていますので。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-04 21:03 | マツダ | Comments(1)

中国新聞より


e0343333_20515801.jpg


[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-03 20:52 | マツダ | Comments(0)

「 マツダはヨーロッパ市場からもディーゼルからも撤退する方針はない 」
マツダ広報部
マツダはヨーロッパで合計26万9000台を販売した(17年3月期、同社発表数値)。
8万台強がディーゼル車に当たる。
SKYACTIV-Dは技術的・コスト的競争優位を達成したとマツダは誇っている。
もう 「 濡れ手に粟 」 のような状態さえ考えているのではないか。
だが、それは間違っている。 ・・・・・・・・・

e0343333_20543396.jpg


この記事について、国沢さんが反応してくれました。

書いたの、クルマ業界の人じゃないようだし、
ヨーロッパに行ってクルマを運転しているという感じでもありません。
日本勢がディーゼルから撤退しているということも書かれている。
これまたクルマ業界を知っていれば簡単。 ・・・・・・・・・


[PR]
by ganbaremmc | 2018-11-01 20:27 | マツダ | Comments(15)
>http://nissan-ask.com.ua
nissan-ask.com.ua>http://nissan-ask.com.uahttp://nissan-ask.com.ua<>http://nissan-ask.com.uanissan-ask.com.ua>http://nissan-ask.com.uahttp://nissan-ask.com.uahttp://nissan-ask.com.uanissan-ask.com.ua>http://nissan-ask.com.uahttp://nissan-ask.com.ua<>http://nissan-ask.com.ua
nissan-ask.com.ua>http://nissan-ask.com.uahttp://nissan-ask.com.ua<
http://www.progressive.com.kz/

https://progressive.com.kz